ドヴォルザーク「新世界より」二楽章「家路」をギターアレンジしました。

今日は親戚の新年会があり、美味しいお酒やごちそうを頂きながら楽しい時間を過ごしました。Rさん豪勢な料理を作っていただきありがとうございました。さて、今回のトピックですが、その新年会で私が次のブログは何について書こうか迷っていると相談したところ、その席にいたKさんからリクエストがありましたのでご紹介したいと思います。

Kさんはドヴォルザークの「新世界より」がとても好きでよく聞いているので、それに関する記事に興味があるということでした。そういうわけで、今回はドヴォルザークの「新世界より」二楽章「家路」の冒頭の部分をナイロン弦ギターでアレンジして、さらに即席で生演奏をレコーディングしたものをお届けしたいと思います。

早速、自宅の機材でレコーディング

 

新年会は夜の9:00に解散になったのでそこから自宅に戻り、急いでアレンジして演奏、レコーディングしました。作業時間は全部で2時間程度というところでした。使用したギターは前回の記事で紹介したYAMAHAのナイロン弦ギター、使用したマイクは「AKG C414-XLⅡ」です。

このマイク本当に気に入っています。価格は約10万円するのですが、60万~100万する高級マイクがあるなかでこのクオリティは素晴らしいです。正直10万は高いとは思いません。このマイクを立てて、その前でさらっと弾くだけで奥深くて、やさしくて、臨場感あふれるサウンドが手軽に録音できるんです。しかもギターだけでなくボーカルやバイオリンなどの弦楽器やトランペットなどの管楽器、さらには複数のバックコーラスなど、そのマイクのセッティング次第であらゆる状況をハイクオリティなサウンドでレコーディングできてしまうという優れものです。

今回は本当に即席でササっとレコーディングしたので少々粗いクオリティですがそれでもこの音の良さは感じてもらえると思います。それではKさん、約束の音楽ですどうぞ(笑)

ドヴォルザーク「新世界より」ギターアレンジ

今回の音源は下記サイトで高音質なバージョンで販売しています

オーディオストックでBGM・効果音を販売中!

 

参考動画