【音楽のお仕事】バッハのG線上のアリアを歌詞付きのポップスにアレンジ【1】

宇童吉克です。音楽を仕事にしています。
どうぞ宜しくお願いします!

というわけで、第一回目の投稿は、一般女性Yさん(74才)からご依頼のお仕事について書きたいと思います。YさんがバッハのG線上のアリアにインスパイアされてそのメロディに合う歌詞を作ったということで、それを初音ミクが歌うバージョンにアレンジしてほしいということです。音楽の父と言われているバッハの名曲中の名曲ですから、第一回の記事にはふさわしいのではないかと思いましたので、今後の完成までの流れを紹介していきたいと思います。

この曲は特にメロディ、ハーモニーが最高に美しい曲で、今までたくさんの方が様々なアレンジをしています。代表的なものとしてオリジナルの楽器編成とオーケストラアンサンブルの2つがありますので、以下動画を参考として共有します。

おそらく一般的に馴染みがあるのはオーケストラの編曲のほうではないでしょうか。他にもヒップホップ風なものや、イケメンチェロ奏者2人でのパフォーマンスなどもあったりするので興味がある方は探してみてください。

▼オリジナルの楽器編成

▼オーケストラアンサンブル

さて、私が構想しているアレンジはといいますと。。。ポップスです(笑)。シンセ系のリズムトラックとシンセベースも入れようと思います。あとは必要に応じていろんな音色を加えていく感じでしょうか。

そして、何と言ってもこの曲の素晴らしいところは、主旋律とそれ以外の副旋律が見事に絡み合って偶成される不協和音と協和音のコントラストだと思っています。ですので、そこは忠実に残したいと思います。また、ピアノやギターでコードをじゃんじゃん弾くようなアプローチはしない方向でいきたいと思います。

そういえばオリジナルの楽器編成ではギターのような楽器「アーチリュート」が用いられていますね。なかなかインパクトのある見た目をしていますが、哀愁かつ繊細な美しい音色ですね~。

▼アーチリュートの動画

それでは、アレンジが完成したらまた紹介したいと思います。