【音楽制作】男性シンガー向けのポップスを作詞・作曲してみる(9)

男性シンガー向けのポップスを作詞・作曲してみる、第9回目です。今回はMIDIの打ち込みだったギターパートをレコーディングで人が弾いた演奏に入れ替えました。

私はMIDIやサンプリングだけのオケよりも、1パートでも人が弾いた演奏が入った方が人間ぽさや深みが増し、結果的に良く聞こえると思っています。もちろん打ち込みだけで済ましてしまうこともあるのですが、できるかぎり人が弾いた演奏を入れるようにしています。程度にもよりますが多少演奏が粗くて上手でなかったとしても、きれいに整った打ち込みだけのものより、人の演奏が入っている方が心地よく聞こえる気がします。また、マイクでレコーディングをすると、その独特な空気感や空間的な響きが加わるのも嬉しい要素ですね。

さて、今回はギターパートを自分でレコーディングしました。かすかに聞こえる程度のパートなので、分かりずらいかもしれませんが、やはりMIDIより温かみや自然なノリが加わって全体に深みが増しているように思います。現状は音が増えて音圧も上がって聞きづらくなっていますが、最終的なミックス作業で全体の音量バランスを整えた時に、人の演奏を入れた効果が活きてくると思っています。もちろんギターに限らず、管楽器、弦楽器なども同様です。人が弾いた演奏が入れられるのであれば入れたいものですね。

今回のギターが入ったバージョン

 

次回は、仮で入っている歌詞を本来の歌詞にしてコーラスパートを入れます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です