プロフィール

宇童 吉克(うどう よしかつ)

<作曲・編曲・音楽制作全般>

14才でエレキギターを始める。ギター歴は25年以上。高校生の3年間、山田紀志氏に、作曲、和声、対位法を師事。1年間、Robert Zung(ボブザング)にジャズ理論を師事。

アメリカ ボストン バークリー音楽院 卒業。同大学在学中は世界中の約1000人のギタリストから選出される「Guitar Night」の演奏を担当する。また、一定の成果を達成した生徒に贈られる「アチーブメント・アワード」を受賞。

ニューヨークにて音楽活動を開始。ニューヨーク時代は、ABC放送ラジオ番組のオープニングテーマ曲の制作、著名人の音楽CDの編曲、アーティストのCDプロデュースなどを中心に活動。その他、某大手カラオケ会社のカラオケ100曲以上の制作や、全世界で累計4000万本以上売れている有名なゲームのBGMの作曲を担当する。

現在は、ポップス、歌謡曲、キッズソングの作曲、編曲、歌手のプロデュースなどを中心に活動している。宇童 音楽プロダクション代表。


楽音 さやか(らくね さやか)

<作曲・編曲・歌・キーボード>

過去に、ビクターよりアルバム1枚、シングル1枚、コロムビアよりアルバム2枚、シングル3枚リリース。サンレモ音楽祭国内大会、東京音楽祭に出場。

バンド解散後は、有名アーティストのサポート、スタジオミュージシャンとして約3000曲レコーディングに参加。

フジテレビ「ひらけポンキッキ」番組挿入歌、テレビ朝日「ピカピカ音楽館」ほか、日本テレビ「新日鉄アワー」、「土曜スペシャル」、NHKテレビ、ラジオの番組テーマ曲など多数作曲。

有名企業のCMソング制作、アニメテーマソング歌唱、「NHKみんなの歌」CD編曲や歌唱を担当。

約700曲の編曲を数多くの歌手に提供し、それらの楽曲は日本武道館、新国立劇場などで上演されている。宇童 音楽プロダクション所属。